ベルハウスの家づくり

保障・メンテナンス

ベルハウスでは、住まいづくりの安心・安全のお約束をいたします。

2000年4月から、住宅供給者が新築住宅の瑕疵保証を10年間にわたり行うことを義務付ける新しい法律(品確法)が施行され、新築住宅の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」の瑕疵について、最低10年間を義務付けられました。しかし、この法律もその住宅供給者が倒産してしまっては何の意味もありません。そういったこともあり、2007年5月30日、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」が公布され、2009年10月に施行されました。この法律の施行時から、住宅供給者ではなく、第三者機関による瑕疵保証が義務付けられることになります。ベルハウスはこの法律ができる以前より、お施主様への安心・安全をご提供するために、第三者機関による保証を付けることを前提に家づくりをさせて頂いております。

保証内容

地盤保証

地盤保証

建てる前に必ず地盤調査を実施いたします。調査方法は、超音波探査法としております。調査・分析の結果をご報告するとともに適切な基礎工事、改良工事をご提案し、その仕様に沿って施工された建物に関して、地盤の不同沈下に起因する建物の損害を10年間保証します。

**第三者機関**
ジャパンホームシールド株式会社

http://www.j-shield.co.jp/
建物瑕疵保証10年間

建物瑕疵保証10年間

ベルハウスでの社内現場検査に加え、保険法人であるJIO((株)日本住宅保証検査機構)による現場検査を行ない、住宅品質の検査を厳しく行っています。「構造耐力上主要な部分」や「雨水の浸入を防止する部分」に関する瑕疵(問題)が対象の保険。完成引渡しより10年間が保険期間となります。第三者機関による数回、確実な検査が実施されます。

**第三者機関**
・株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)

http://www.jio-kensa.co.jp/
建物完成保証

建物完成保証

工事途中に万が一、工務店の倒産等不測の事態に陥り、その義務を遂行できなくなった場合に、工事を引き継ぐ工務店を紹介したり、単に住宅の完成引渡しに終わらず、残工事の遅延、瑕疵、設計変更などについても保証措置が取られています。建築主様の家を建てる権利を守ることに主眼を置いた手厚い保証内容を特徴としております。

**第三者機関**
・NPO法人イエンゴ保証機構

http://www.iengo.ne.jp/hosho/
アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

完成お引渡し後、3ヶ月、1年目の定期点検を実施しております。定期点検以外も、何か不具合等が発生した場合、随時駆けつける体制をとっております。ホームドクターとして、アフターメンテナンスはもちろんの事、家の寿命や快適さなどを守ります。完成お引渡しからお客様とベルハウスとの本当の意味での「長いお付き合い」が始まるものと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。